首のヘルニアの治療法

なってしまうの首を動かすのも寝るのもツライ「首のヘルニア」。最適な治療法で正しい治癒を目ざしましょう。

サイトトップ > 「首のヘルニア」は、なぜおこってしまうの?

スポンサードリンク

首のヘルニアの治療法

「首のヘルニア」は、なぜおこってしまうの?


「首のヘルニア」とは、正しくは「頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア」と呼ばれます。


頸椎、つまり首の骨には7つの椎骨(連結した骨)があるんです。上から第1椎骨、第2椎骨といい、いちばん下が第7椎骨。第2椎骨から第7椎骨までの各骨のあいだには、ちょうどクッションのような働きをする“椎間板”がはさまっています。


その中心部には髄核(ずいかく)というゼリー状の物質があり、それをとり囲むように繊維輪(せんいりん)と呼ばれるじょうぶな組織があるのです。


髄核はボールベアリング、繊維輪がバネのような働き。「首のヘルニア=頸椎椎間板ヘルニア」とは、この椎間板の繊維輪に亀裂が入ることで髄核が飛びだして神経を圧迫するものです。


その結果、ひとの首を中心に痛みやしびれといったさまざまな神経症状が現れることに。ヘルニアというと一般的に腰を思い浮かべますが、首にも発症するのです。首の場合、頸椎とつながっている脊髄(せきずい)にも影響するため細心の注意が必要。


また「首のヘルニア」の痛みもそうとう激しいもので、麻痺や脱力感、歩行困難、握力不足なども多くはともないます。根本的な改善はむずかしいとされますが、ほんとうにそうなのでしょうか?


首のヘルニアの治療法

MENU



スポンサードリンク